先輩に風俗に誘われ

風俗で求められる大きな楽しみ

風俗ってそれはそれはとても面白いものだと思いますけど、個人的に気になるのは性感マッサージなんですよ(笑)だからこの前行ってきたんです。もちろん初めての性感マッサージでしたね。どんなものになるんだろうっていう期待感があるのは当然でしたけど、その期待感を上回る、とても面白いものだったんじゃないのかなって思いますね。何が素晴らしいって、あれだけの魅力を兼ね備えたもの、そうそうないかなって(笑)単純な話ですけど、性感マッサージは気持ち良かったです。どの風俗も気持ち良いのは言うまでもないんですけど、それ以上に風俗ってこんなに面白いものなんだなって言う確認というか、改めてやっぱり素晴らしいものなんだなってことに気付かされましたよ(笑)それに、性感マッサージがというか新鮮な気持ちを味わえたのも事実です。いつも同じ風俗ばかりを楽しんでいましたけど、性感マッサージだけじゃなく、チャレンジすることも大切だなって。

現実的に、風俗という選択肢があるからこそ

会社の後輩の女の子に、なぜ彼女を作らないのかと聞かれることもあります。別に狙われているとかではなくて素朴な疑問ってことなんでしょう。何せ社内では独身は数えるくらいしかいないんです。その一人が自分なので、話のとっかかりとしてそういった話題が出るのはよく分かる話なんですけど、正直、結婚願望はありません。むしろ女の子とデートをして時間もお金も無駄に消費するよりも風俗で遊んでいる方が何百倍も有意義な時間を過ごせるんじゃないですかね(笑)風俗嬢はワガママを言ってくることもなければ、高い商品をねだってくることもあります。そして、お金だけを使わせて板ご飯を食べた急に用事を思い出してすぐに帰ろうとするようなこともありません。こちらのリクエストに応えてしっかりと快感を与えてくれるんです。自分の時間を無駄にすることもないと考えた時、恋人と風俗嬢。どちらの方が有意義な存在なのかなんてわざわざ言うまでもないんじゃないのかなって。