先輩に風俗に誘われ

対抗心があるようですね

Jちゃんはかなりの負けず嫌い。彼女にしたいタイプではないものの、風俗で遊ぶには何よりも適しているタイプかなと(笑)なぜなら彼女はお店では絶対に負けたくないと。他の女の子には絶対に負けたくないって公言している風俗嬢なので、そのあたりをうまく刺激するととんでもないポテンシャルを発揮してくれるんですよ(笑)だからこちらとしても扱いやすいじゃないですか(笑)それに負けず嫌いなだけではなく、そもそも彼女は風俗嬢としてはとても優秀なんです。だから何をするにしても彼女との時間はかなり楽しむことが出来ましたし、彼女のおかげでいつも満足に浸れています。最近では新人にかなり良い子が入ったとのことですので、新人風俗嬢に対して並々ならぬ対抗心を燃やしていたんですけど、それもそれで可愛らしいものじゃないですか(笑)そういったことも含めて彼女は風俗嬢が天職なんじゃないのかなって思える性格なので、遊んでいてとっても楽しいんですよ。

貴重な時間は有意義に使いたいからこそ

休日のように貴重な時間は自分にとって有意義な時間にしたいじゃないですか。時間が過ぎてから「もっと有意義に使えば良かった」と思うのは勿体ないと思いますの、そう思わなくて良いよう、有意義に時間を使いたいって思っているんですけど、かといって別に何か有意義なことがあるかなって思うと案外見つからないものなんですよね。だからこそ風俗が一番有意義なんじゃないのかなと(笑)考えてみると、仕事がある時には風俗で遊ぶのは難しいんですよね。時間的にも気持ち的にも。終電を気にしながら風俗で遊ぶのは嫌ですし、仕事に余裕がない状況で遊んでどうしても仕事を気にしている…というのもあまり好ましくないですしね。だから休日こそ、風俗をゆっくり楽しむのもある意味では有意義と言うか、とっても贅沢なことでもあるんじゃないのかなって。だからこそ、休みの日には風俗で遊ぶのが自分の日課になりつつあるんですよね。何も気にすることがないんですし。